あなたは
無料カウンター
番目の来場者です

EXCEL VBAの参考書としておすすめです。

機械屋のおやじのWebサイト



 機械屋のおやじがなぜソフトのWebサイトを作ったのか?

 私は定年退職した元機械設計を行っていたおやじです。 現役時代の設計作業に於いて正確さとスピードを求めて作ったソフトを同じように苦労されている方々に公開したいと思いこのサイトを立ち上げました。

 設備計画・基本設計・詳細設計などでは簡単だけど計算だが繰返しが必要で計算ミスを起こし、慎重になれば時間がかかる根気のいる作業でした。

 このような作業を間違いなく迅速に進める方法を模索していた時に電卓・プログラム電卓と続き最後はパソコンとが登場しBASIC言語での専用プログラムや表計算ソフトが使えるようになりました。(この辺りはプロフィールに詳しく・・・)

 はじめは、機械要素の計算書や材料力学の解析に使っていましたが計算を行って結果を評価して再度計算を行うということは変わりませんでした。 そこで繰り返し計算を如何に減らすかということです。

 たとえば平行キーの場合

 (1) 伝達トルクから軸径が決まる。
 (2) JIS B 1301のからこの軸径に対応するキーサイズを選定する。
 (3) キーの面圧・せん断応力を計"適用する軸径"算して評価する。

 ※ JISの適用する軸径は伝達トルク・キー長さなどを考慮しており、モータ軸など規格 品の
   場合は特に問題なく一回の検討で終わると思います。
    しかし、取付スペースが無くキー長さが短い時は最適なサイズを求める必要があり上記の
   手順を何回か行いこととなります。

 そこで"適用する軸径"の表より検索してキーサイズを決定して手順(2)を省略するExcelプログラムを作りました。しかし、キー長さが短い時や購入品の軸との連結などサイズ調整の必要があるときの対策として、適正サイズに対して上下5段階の調整ができるようにしています。(公開ソフトのページに掲載しています)

 このように私が実際の経験から必要と感じた作業の効率化などのちょっとした工夫をしたプログラムを公開していきます。
 このサイトでは一般の計算書作成のプログラムではなく、設計作業のお手伝いを目標に運営していきます。


inserted by FC2 system